釘宮病感染者であるイトーケの日記。毎日が『まじかる』ですよ~!基本的にオールジャンルで!

« 2009.02. 12345678910111213141516171819202122232425262728 »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ -------- (--) --:-- ]    
   Category:スポンサー広告 
おはこんばんちは。
最近はちと忙しいイトーケです。
更新滞っててサーセン。ほんと忙しかったんですよ。
忙しい理由はですね・・・宿題とかCLANNADとかCLANNADとかラノベとかCLANNADとか。
・・・ほとんど不純な動機だってことを言及しちゃダメだよ、うん(笑)。


木曜日は久しぶりに本を借りました。
ずっと家にある「とらドラ!」を読んでましたからね。ちなみに今は5巻(文化祭)を読んでいるところ。


「インデックス」?「と禁」?


「とある魔術の禁書目録」の6巻ですよ。もう読んじゃいましたけど。
やっぱりお気に入りのシリーズですね。買ってもいいくらいですが、今は16巻+SSが2つ出ているので。
500円程度の本とはいえ、18巻も買ったらお財布すっからかんですよ。ほんとに。
1冊550円とするとシリーズすべてで9900円。・・・恐ろしい。
「灼眼のシャナ」も同じ理由で買わない・・・というより買えないなぁ。
こっちは2月に18巻が発売ですからね。外伝も3つあるし。
なんかもうすばらしいね。合計額を計算する気にもなれない。
もちろん古本なら半額で買えると思うけど、イトーケはラノベは新品派なので。
あ、この6巻のことに触れてなかったですね。
勝手に「ラノベは高いか否か?」で一人ディベートして盛り上がってました(笑)。
昨日(ほんとは今日)変わったOPで新しく登場していたキャラクターは4~6巻のキャラのみ。
つまり、残りの7話(くらい)でやる内容ってこの6巻までだと思うんですよ。
4巻は昨日の回で終わったので、残りは5巻と6巻ですね。
で、5巻は短編集。たぶん、4話でやるんじゃないかと。3つの話があって、ひとつだけ重要(?)だから。
そして、この6巻に3話振り当てられるのかな?4巻も3話だったし。
まぁ、あくまで予想ですからね。(・・・「あくまで」ってよく使うのに、使うたびに脳内にセバスチャンが。)
でも、やっぱりひとつの話にもうちょっと話数を当ててほしかったなぁ。
昨日の回なんて「おまwwものわかりよすぎww」って感じで見てましたから(笑)。
あんなにとんとん拍子で進んでいって視聴者はついてこれたのかな?かな?
分からなかった人には原作をオススメしますね!
アニメで登場機会を抹殺された哀れなキャラが今まで2人(1人は人じゃないけど)もいるし(笑)。
あ、「とらドラ!」のアニメは割とよくできていると思う。
もちろんちょっとしたところや秀逸なネタも少しは消されているけど、かなりいいアニメかと。


「CLANNAD」は結構なスピードで攻略中。
「杏ルート」→「椋ルート」→「勝平ルート」→「美佐枝ルート」→「幸村ルート」とクリアしました。
もう5人ですよ!このスピードは異常。そして、杏以外がサブキャラだということも異常。
まぁ、杏・椋・勝平の3人は同時攻略できたから速かったんですけどね。
杏と椋の藤林姉妹の共通ルートは結構長かった。それでいて個別ルートが圧倒的に短い。
杏は大好きなんだけどなぁ。ベスト3に入るのに。個別ルートが短いのは残念。
あと、共通ルートがほぼ「椋ルート」と化していたのが非常に残念!
俺は杏が好きなんだよ!って心の中で叫んでましたね(笑)。
まぁ、あれは演出としては全然ありなんだけど、それなら杏ルートに入ってからをもうちょっと長くすべし!
姉が大好きなのに妹の椋が嫌いなイトーケとしては不満が残るルートだったなぁ。
あ、藤林姉妹ってすごくかがみん&こなたに似ているんですよ。
キャラ紹介を見てもらえば分かると思うけど、藤林杏と藤林椋は双子。・・・たぶん、一卵性だけど。
で、ふたりとも髪が!そして、姉の杏は髪が長く、妹の椋は短髪!
しかも、姉のほうが積極的で妹のほうがおとなしいとくれば立派な柊姉妹が完成!
すごいですよね~。これには感動した!で、シナリオのほうはスクイズのBADに似てる。
ヒロインが主人公のことを好きなのに他の彼女を紹介したり、主人公が浮気したり。
一種のパロなんじゃないか?って気にもなりますね。特に双子の容姿は。
そんな双子ですが、「椋ルート」では椋がとことん嫌いに。あんな性悪女だったとは・・・。
もともと容姿は嫌いだったんですけどね。ことみと椋は容姿で激しい最下位争いをしてます(笑)。
でも、性格まであんなだと好きな人はかなり少ないんじゃないか?
俺の杏を利用しながら種明かしもせずに終わりやがって!
・・・激しい怒りがこみ上げてくるルートもありましたが、心温まるものも。
というより、今のところ双子のルート以外は心温まるんですが。
特に「勝平ルート」はよかったなぁ。名前の通り男だけど。
普通は男のルートってギャグに走るか何も起こらないかのどちらかじゃないかと。
でも、このルートはまじめな話だったし、話自体もいい感じだった。
やっぱり個別ルートでは「CLANNAD」に勝てませんね。リトバスは。
AGOも「杏ルート」やってるときにもう慣れました。意外とすぐに。
春原も面白いし、苦もなく最後までやっていけそうですよ。
ネタとしては恭介のセリフが圧倒的に勝ってますけどね。
あ、全11ルート(おまけ・AFTER STORY除く)中の5ルートが終わったので、次は「智代ルート」に。
智代は杏と2位争いを繰り広げているのでwktkしてますとも。


あとちょっとだけ「CLANNAD」のネタを。興味ない人はスルーしちゃってください。
この「CLANNAD」、意外と声優陣が豪華なことに気づきました。
出演声優情報を見ると、ひぐらしの声優さんがなんと4人も!
でも、レナ以外気付けなかった・・・。あ、梨花ちゃんはまだ出てないから聞いてないけど。
嫁である魅音・詩音の美佐枝さんはもう攻略したのに・・・。
まぁ、あの双子の声すら別人のようにしか聞こえない人ですからね。うん、キャラの演じ分けがすばらしい。
あと、園崎茜はもう声を忘れた。すんません。でも、あんな声ではなかったと思うなぁ。
ひぐらしの声優さん以外にも能登さんが出てたり、恭介お兄さん役の緑川さんまで!
あ、恭介お兄さんがヒイロの声だということも知らなかった。見たのが小学校のときだったからかな。
ガンダムWを見てる消防が「声優緑川さんきたわぁ!」とか言ってたらそれこそどん引きだけどね(笑)。
緑川さんは今回芳野祐介役で、最初声聞いたときは「嘘?こんなところに恭介?」ってなりましたよ。
出ていることは知っていたのですが、芳野さん役だったとは。
もちろん一番かっこいいキャラでセリフも恭介的なので安心ですが、個別ルートも欲しかったなぁ。
・・・もうあのイケメンボイスにベタ惚れですね。これでも男なのに(笑)。


さて、「とある魔術の禁書目録」と「CLANNAD」だけでこんな駄文・・・もとい長文になってしまいましたね。
まぁ、知らない人も興味を持ってもらえたらということで。どちらもオススメなので。
「CLANNAD」はこれでも書ききれなかったことが多々ありますよ。
共通ルートの最初からもうキャラが固定されてメインキャラが顔すら見せないところとか。
そういうものもありますが、それでも普通は最初に紹介程度に顔を出すというのに。
まだ立ち絵を見てないキャラが結構いたりするんです。
あと、OPを見る前にEDを見るということ。これは・・・。(「渚ルート」なら後半にOPを見れるようです。)
「それ、OPの前に物語が始まってるだろ!」っていうツッコミはがんばって胸の奥にしまいこむんだ!
そんな気持ちをしまいこむと胸くそ悪くなりそうだが(笑)。
とりあえず、「CLANNAD」はちょっと変わった点があって新鮮。
リトバスはミニゲームが新鮮だったのですが、他にもkeyはいろいろと挑戦しているんだなぁと。
これからも面白くなりそうなので勉強なんかせずにがんばりたいと思いますよ(笑)。
では。
続きを読む
スポンサーサイト
[ 2009-02-01 (Sun) 15:33 ]   Comment(6) 
   Category:普段のこと 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。